mindbook の機能

情報を効率的に入力して日付ごとに管理

mindbookの特徴は、3つの入力モードで効率的に情報を入力し、日付ごとに管理することです。
情報を蓄積していくと、過去の情報の検索が便利になり、さらに効率的に情報を入力できるようになります。

3つの入力モード

mindbookには3つの入力モードがあり、それぞれの場面で効率的な情報入力を実現します。

アウトラインモード

メインの入力画面です。
テキストの階層や順序を編集できるため、長い文章を組み立てる場合や、
集中して入力したい場合に適しています。

付せんモード

Windowsの付箋機能のように、画面の片隅に表示して入力できるモードです。
他の作業をしながら、メモを取る場合に便利です。

マインドマップモード

マインドマップのような表示で入力ができます。
アイディアを練ったり、考え事をする場合の情報入力に適しています。

入力補助機能

フィード入力機能

RSSフィードのアドレスを入力すると、フィードの内容を挿入できます。
RSS2.0とAtomに対応しています。

過去の情報を検索

mindbookは日付ごとにデータを管理するため、過去のデータを思い返すように複写できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中